シラバス参照

科目名 著作権法要論【MR】 
科目名(英字) Copyright Law 
ナンバリング MPCA05 
年次 1年次 
単位数
期間 前期 
担当者

関堂 幸輔(セキドウ コウスケ)




授業のねら
い・概要
ディプロマ・ポリシーにおける「知的財産に関する法律知識を知的財産の保護と活用に関する業務に適用する」基礎的能力の修得を軸として、著作権法の規定における基本的事項と基本的な判例とを体系的に理解することが本講義の意義となります。その中で、他の知的財産法制度(特に産業財産権各法)との異同や、それらとのクロスオーバー領域などについても問題意識を高めていくことにより、さらに著作権法特論への橋渡しとなるように講義を進める所存です。

なお、大学(院)設置基準によれば、本講義科目は90分15回の授業に加え、予習・復習に各自計60時間(授業1回あたり4時間)学修することとされています。 
授業計画
テーマ 内容・方法等 予習/復習
第1回 序論  著作権法の沿革、目的および国際的保護について理解する。  指定教材・資料の既習部分(実施回により関連事例を含む)を復習し、質問(オンライン)する。また上記の次回部分を読んで予習しておく(予習・復習は受講生によるがおおむね4時間を要する。以下同じ)。 
第2回 権利の客体①(著作物)  著作物の要件(特殊な著作物を含む)、著作物と似て非なるものを理解する。  指定教材・資料の既習部分(実施回により関連事例を含む)を復習し、質問(オンライン)する。また上記の次回部分を読んで予習しておく。 
第3回 権利の客体②(実演等)  著作権法により保護を受ける実演・レコード・放送・有線放送について理解する。  指定教材・資料の既習部分(実施回により関連事例を含む)を復習し、質問(オンライン)する。また上記の次回部分を読んで予習しておく。 
第4回 権利の主体  著作者および著作権者ならびに職務著作等の制度について理解する。  指定教材・資料の既習部分(実施回により関連事例を含む)を復習し、質問(オンライン)する。また上記の次回部分を読んで予習しておく。 
第5回 著作者人格権  著作者人格権(公表権、氏名表示権、同一性保持権)について理解する。  指定教材・資料の既習部分(実施回により関連事例を含む)を復習し、質問(オンライン)する。また上記の次回部分を読んで予習しておく。 
第6回 著作権(著作財産権)①  著作財産権(著作権の支分権)ついて俯瞰し、理解する。  指定教材・資料の既習部分(実施回により関連事例を含む)を復習し、質問(オンライン)する。また上記の次回部分を読んで予習しておく。 
第7回 著作権(著作財産権)②  支分権のうち特定の著作物に係るもの(口述権、展示権、頒布権、貸与権および譲渡権等)の特殊性について理解する。  指定教材・資料の既習部分(実施回により関連事例を含む)を復習し、質問(オンライン)する。また上記の次回部分を読んで予習しておく。 
第8回 権利の制限①  著作権の制限の意義・趣旨(包括的制限と個別的制限)と、具体的な制限の内容について理解する。  指定教材・資料の既習部分(実施回により関連事例を含む)を復習し、質問(オンライン)する。また上記の次回部分を読んで予習しておく。 
第9回 権利の制限②  著作権の制限に係る具体的な内容を理解する。  指定教材・資料の既習部分(実施回により関連事例を含む)を復習し、質問(オンライン)する。また上記の次回部分を読んで予習しておく。 
第10回 著作権に関連する権利①  出版権(出版許諾との異同を含む)および実演家の権利(実演家人格権)について理解する。  指定教材・資料の既習部分(実施回により関連事例を含む)を復習し、質問(オンライン)する。また上記の次回部分を読んで予習しておく。 
第11回 著作権に関連する権利②  その他の著作隣接権(レコード製作者の権利ならびに放送事業者および有線放送事業者の権利)について理解する。  指定教材・資料の既習部分(実施回により関連事例を含む)を復習し、質問(オンライン)する。また上記の次回部分を読んで予習しておく。 
第12回 権利侵害①  著作権等の侵害およびその救済について理解する。  指定教材・資料の既習部分(実施回により関連事例を含む)を復習し、質問(オンライン)する。また上記の次回部分を読んで予習しておく。 
第13回 権利侵害②  みなし侵害の意義および内容について理解する。  指定教材・資料の既習部分(実施回により関連事例を含む)を復習し、質問(オンライン)する。また上記の次回部分を読んで予習しておく。 
第14回 雑則・罰則等  著作権等侵害に係る罰則および雑則(登録制度・裁定制度等)について理解する。  指定教材・資料の既習部分(実施回により関連事例を含む)を復習し、質問(オンライン)する。また上記の次回部分を読んで予習しておく。 
第15回 まとめ  これまでの内容を復習し、また関連する重要裁判例を参照する。  指定教材・資料の既習部分(実施回により関連事例を含む)を復習し、質問(オンライン)する。 
到達目標
⑴著作権法の基本構造を体系的に理解できる。
⑵著作権に関する応用事例に対して適切に対処することができる。 
評価方法
上記⑴は必要的到達目標(ミニマム・リクワイヤメント)である。
授業ごとに提出される課題20%、期末試験80%により評価する。 
成績評価
基準
上記試験の結果により、上記⑴が未到達の場合は不合格(0~59点)、到達している場合は合格(60~100点)とする。
(合格) A: 100~90点 B: 89~80点 C: 79~70点 D: 69~60点  (不合格) F: 59~0点 
教科書
参考書
受講心得
授業内容は、進行の状況により内容が前後することがある。
授業内容についての質問は提出する課題中に盛り込むことができ、それに対して次回の授業冒頭で回答する。 
オフィス
アワー
水曜2限 関堂研究室(大宮1号館10階) 
実践的教育