シラバス参照

科目名 マーケティングとブランド特論【MR】 
科目名(英字) Advanced Study of Marketing and Brand 
ナンバリング MPCD24 
年次 1年次 
単位数
期間 後期 
担当者

石川 克司(イシカワ カツシ)




授業のねら
い・概要
 企業と消費者とのコミュニケーションツールとして、ブランドの重要性が高まっており、市場におけるブランドの役割やブランドの価値は、ますます大きくなってきています。
 また、実際の実務におけるブランディングでは、市場と関連することから、マーケティングに関する知識も重要となり、ブランドの維持や管理には、知的財産権のサポートが不可欠です。
 そこで、本講義では、「マーケティングとブランド」の関連性及びこれらの知的財産権の位置づけを学びます。
 さらに、本講義では、ビジネスプランの立ち上げについて、ビジネスモデルキャンバスを使用して、実際にビジネスを離陸させる手順を俯瞰したいと思います。
 また、講義では、イノベーション・ブランド戦略について、部材メーカーやアパレル業界におけるブランド戦略の事例を検討することで、戦略を成功させる条件や展開手法について学びます。 
授業計画
テーマ 内容・方法等 予習/復習
第1回 ブランドについて  (1)ブランドの重要性 (2)ブランドの起源 
(3)ブランドの成り立ち (4)ブランドの構造 
復習:講義の最初に前回の確認を行うので、講義の要点をまとめておくこと(4時間) 
第2回 ブランド戦略におけるマーケティング  (1)マーケテイングの基本 
(2)マーケティングとブランドの関連性 
予習:配布されたレジュメを確認し、疑問点をまとめた上で講義に臨むこと(2時間)
復習:講義の最初に前回の確認を行うので、要点をまとめておくこと(2時間) 
第3回 マーケティング戦略(1)  セリングとマーケティング  予習:配布されたレジュメを確認し、疑問点をまとめた上で講義に臨むこと(2時間)
復習:講義の最初に前回の確認を行うので、要点をまとめておくこと(2時間) 
第4回 マーケティング戦略(2)  顧客価値と顧客満足  予習:配布されたレジュメを確認し、疑問点をまとめた上で講義に臨むこと(2時間)
復習:講義の最初に前回の確認を行うので、要点をまとめておくこと(2時間) 
第5回 マーケティング戦略(3)  (1)マーケティングミックス
(2)STPについて 
予習:配布されたレジュメを確認し、疑問点をまとめた上で講義に臨むこと(2時間)
復習:講義の最初に前回の確認を行うので、要点をまとめておくこと(2時間) 
第6回 マーケティング戦略(4)  価格競争とマーケティング  予習:配布されたレジュメを確認し、疑問点をまとめた上で講義に臨むこと(2時間)
復習:講義の最初に前回の確認を行うので、要点をまとめておくこと(2時間) 
第7回 イノベーション・ブランド戦略  部材メーカーのイノベーション・ブランド戦略における事例検討  予習:配布されたレジュメを確認し、疑問点をまとめた上で講義に臨むこと(2時間)
復習:講義の最初に前回の確認を行うので、要点をまとめておくこと(2時間) 
第8回 イノベーションのためのデザイン・ブランド戦略  アパレル業界のイノベーション・ブランド戦略における事例検討  予習:配布されたレジュメを確認し、疑問点をまとめた上で講義に臨むこと(2時間)
復習:講義の最初に前回の確認を行うので、要点をまとめておくこと(2時間) 
第9回 ブランド戦略の実務  実務上の知財フローと留意事項  予習:配布されたレジュメを確認し、疑問点をまとめた上で講義に臨むこと(2時間)
復習:講義の最初に前回の確認を行うので、要点をまとめておくこと(2時間) 
第10回 ブランドと知的財産権  ブランドと知的財産権
知財のサポートの重要性について 
予習:配布されたレジュメを確認し、疑問点をまとめた上で講義に臨むこと(2時間)
復習:講義の最初に前回の確認を行うので、要点をまとめておくこと(2時間) 
第11回 サービス業におけるマーケティングとブランディング  サービス業の戦略(無形性、品質)  予習:配布されたレジュメを確認し、疑問点をまとめた上で講義に臨むこと(2時間)
復習:講義の最初に前回の確認を行うので、要点をまとめておくこと(2時間) 
第12回 ブランドの維持と管理  (1)ブランド価値を維持する知的財産管理 
(2)価値評価の必要性 
予習:配布されたレジュメを確認し、疑問点をまとめた上で講義に臨むこと(2時間)
復習:講義の最初に前回の確認を行うので、要点をまとめておくこと(2時間) 
第13回 ブランドの保護  ブランドの保護における知財の攻撃・防御について  予習:配布されたレジュメを確認し、疑問点をまとめた上で講義に臨むこと(2時間)
復習:講義の最初に前回の確認を行うので、要点をまとめておくこと(2時間) 
第14回 ビジネスモデルキャンバス  ビジネスキャンバスを使ってビジネスを俯瞰  予習:配布されたレジュメを確認し、疑問点をまとめた上で講義に臨むこと(2時間)
復習:講義の最初に前回の確認を行うので、要点をまとめておくこと(2時間) 
第15回 まとめ  まとめと理解の確認  予習:配布されたレジュメを確認し、疑問点をまとめた上で講義に臨むこと(2時間)
復習:講義の要点をまとめておくこと(2時間) 
到達目標
(1)マーケティングの枠組を説明をすることができる。
(2)マーケティングの基本用語を理解し、説明をすることができる。
(3)マーケティングとブランドにおける知的財産の役割、位置づけについて説明ができる。
(4)マーケティングミックスを使用し、第三者のビジネスモデルを評価することができる。 
評価方法
到達目標(1)(2)(3)(4)の理解度について、講義内の演習、小テスト(2回程度)、定期試験により評価をする。 
成績評価
基準
評価方法に基づき採点を行い、これらを加えた総合点により評価する。
A:90点以上:到達目標(1)(2)を達成し、到達目標(3)(4)について、90%以上の達成度で達成している。
B:80点以上90点未満:到達目標(1)(2)を達成し、到達目標(3)(4)について、80%以上90%未満の達成度で達成している。
C:70点以上80点未満:到達目標(1)(2)を達成し、到達目標(3)(4)について、70%以上80%未満の達成度で達成している。
D:60点以上70点未満:到達目標(1)(2)を達成し、到達目標(3)(4)について、60%以上70%未満の達成度で達成している。
F:0点以上60点未満:上記以外
(注)評価の結果は、「A」~「D」を合格、「F」を不合格とする。 
教科書
参考書
受講心得
予習事項:配布されたレジュメを確認してから講義に臨むこと
また、テレビ、新聞、雑誌等で紹介されるマーケティングやブランドに関するニュースに注目しておくこと。
フィードバック:小テストや演習後には、講評や解説等を行うので、理解を深めること。
課題・復習事項:毎回、講義の最初に前回の講義内容の確認を行うので、復習をしておくこと。
また、講義では、適宜、演習や発表等を行って理解度の確認を行う。
本科目は録画形式メディア授業【MR】対応です。 
オフィス
アワー
授業質問:当該授業時間の前後で対応する。 
実践的教育
【実践的教育】特許事務所で商標・意匠等の実務を経験している教員がその実務経験を活かして「マーケティングとブランド」の関連性とこれらとの知的財産権の位置づけについて講義する。