シラバス参照

科目名 知的財産情報検索分析特論【MR】 
科目名(英字) Advanced Study of Information for Intellectual Property 
ナンバリング MPCB23 
年次 1年次 
単位数
期間 後期 
担当者

三浦 武範(ミウラ タケノリ)

杉山 典正(スギヤマ ノリマサ)

山田 繁和(ヤマダ シゲカズ)

杉浦 淳(スギウラ ジュン)

尾茂 康雄(オモ ヤスオ)




授業のねら
い・概要
特許その他の知的財産情報データベースを用いて、国内外の知的財産情報の調査に関する実践的な演習を実施する。企業や弁理士事務所での業務において求められる、さまざまな知財関連調査などを行えるようになることを目指す。 
授業計画
テーマ 内容・方法等 予習/復習
第1回 ガイダンス  講義内容の概説、講義の進め方や受講心得について説明する。  復習および講義で紹介した文献等の参照が必要。(4時間) 
第2回 意匠調査の方法  意匠調査、特許公報における図面の読解や作成について学ぶ。  テーマについて下調べをしておくこと。(2時間)
復習および講義で紹介した文献等の参照が必要。(2時間) 
第3回 図面の読解(1)  特許・実用新案・意匠・商標における図面の読解や作成について学ぶ。  テーマについて下調べをしておくこと。(2時間)
復習および講義で紹介した文献等の参照が必要。(2時間) 
第4回 図面の読解(2)  特許・実用新案・意匠・商標における図面の読解や作成について学ぶ。  テーマについて下調べをしておくこと。(2時間)
復習および講義で紹介した文献等の参照が必要。(2時間) 
第5回 意匠調査演習、意匠マップ  意匠調査について演習を通じて学ぶ。意匠マップ作成について学ぶ。  テーマについて下調べをしておくこと。(2時間)
復習および講義で紹介した文献等の参照が必要。(2時間) 
第6回 商標公報の読解  商標公報の基本的な情報について学び、様々な種類の商標の調査におけるノウハウについて解説する。  テーマについて下調べをしておくこと。(2時間)
復習および講義で紹介した文献等の参照が必要。(2時間) 
第7回 商標調査と分析  商標調査について演習を通じて学び、報告書類としていかに分析を行うかについて考える。  テーマについて下調べをしておくこと。(2時間)
復習および講義で紹介した文献等の参照が必要。(2時間) 
第8回 国外知財DB、商用DB  国外の知財情報の収集のために、PatentScope、Espacenetの紹介をする。さらに、学内で利用できる商用データベースについて、機能や利便性について紹介し、今後の調査に役立ててもらう。  テーマについて下調べをしておくこと。(2時間)
復習および講義で紹介した文献等の参照が必要。(2時間) 
第9回 IPランドスケープの概要  IPランドスケープについて何か、その概要について事例を交えて解説する。  テーマについて下調べをしておくこと。(3時間)
復習および講義で紹介した文献等の参照が必要。(3時間) 
第10回 IPランドスケープのスキーム  IPランドスケープにおいて、必要になる情報とその取得方法、企業の経営に役立てるための情報とは何かについて学ぶ。  テーマについて下調べをしておくこと。(2時間)
復習および講義で紹介した文献等の参照が必要。(2時間) 
第11回 IPランドスケープと知財情報分析  IPランドスケープのための、調査・分析アプローチについて学び、調査対象の選定、目的に沿った可視化手法など、必要とされる知識について知る。  テーマについて下調べをしておくこと。(2時間)
復習および講義で紹介した文献等の参照が必要。(2時間) 
第12回 IPランドスケープ活用事例  IPランドスケープ活用の事例を紹介し、その取り組みの内容を具体的に見る。IPランドスケープとは何かを俯瞰的に捉える視点を身につける。  テーマについて下調べをしておくこと。(2時間)
復習および講義で紹介した文献等の参照が必要。(2時間) 
第13回 IPランドスケープの実践  演習形式でIPランドスケープ構築を進め、作業を通してその役割を考える。  テーマについて下調べをしておくこと。(2時間)
復習および講義で紹介した文献等の参照が必要。(2時間) 
第14回 意匠・商標によるランドスケープ、調査課題設定  意匠・商標によるランドスケープの可能性について解説し、構築のためのアイデアについて知る。
後期の調査課題について計画する。 
テーマについて下調べをしておくこと。(2時間)
復習および講義で紹介した文献等の参照が必要。(2時間) 
第15回 総合課題  14回で設定したIPランドスケープの課題を教員指導の下で精査し、調査報告書の作成を進める。  テーマについて下調べをしておくこと。(2時間)
復習および講義で紹介した文献等の参照が必要。(3時間) 
到達目標
(1)知的財産に関するデータベースの活用方法について理解し、目的に応じた調査・考察・報告ができる。
(2)自身の調査テーマに基づいて、適切なツールの選定、検索漏れを最小限とした検索式の構築ができる。
(3)調査結果に応じて、第三者にも理解しやすい可視化と報告事項の作成ができる。
(4)IPランドスケープについて十分に理解し、実務において応用的に展開できる知識を身につけている。 
評価方法
(1)を評価において60点の配点として、最低限の到達ラインとする。
その他(2)~(4)を40点の配点とし、総合で100点満点の評価を行う。
なお、評価においては、適宜課される課題の提出・内容を利用する。特に自主テーマによる最終課題は評価のウェイトを高くする。 
成績評価
基準
A:到達目標項目について、全てを総合して平均90%以上の達成度で実施できている。
B:到達目標項目について、全てを総合して平均80%以上90%未満の達成度で実施できている。
C:到達目標項目について、全てを総合して平均70%以上80%未満の達成度で実施できている。
D:到達目標項目についてミニマム・リクワイアメントを充たし、全てを総合して平均60%以上70%未満の達成度で実施できている。
F:上記以外 
教科書
参考書
書名 著者名 出版社名
1. 正しい意思決定のための「分析」の基礎技術  グロービス  PHPビジネス新書 
2. 知的財産戦略  丸島 儀一  ダイヤモンド社 
3. 特許情報調査と検索テクニック入門  野崎篤志  発明推進協会 
4. データ分析の力 因果関係に迫る思考法  伊藤 公一朗  光文社 
5. 経営戦略としての知財  久慈 直登  CCCメディアハウス 
受講心得
本講義は録画形式メディア授業【MR】対応科目です。
オンラインデータベースの利用に適したノートPCまたはタブレットを持参すること。
参考文献やウェブ上のリソースについては講義中に適宜紹介する。課題や演習で理解が不十分な箇所については授業内で補足・解説を行う。 
オフィス
アワー
水曜5限(三浦研究室・1号館10階)
火曜3限(山田研究室・1号館9階)
水曜5限(尾茂研究室・1号館9階)
木曜2,4限(杉山研究室・1号館10階)
土曜3限(杉浦研究室・1号館9階) 
実践的教育
【実践的教育】特許その他産業財産権の審査審判実務・調査実務経験者等により、実践的な調査および分析の演習を行う。